【そんな時あるよ‼】自由な時間が欲しい【仕事で今だに自分の時間が作れない人へ】

スポンサーリンク
自由な時間が欲しい 仕事のせいで転職 退職 幸せ
とりしょー
とりしょう

あなたは、今の会社を「辞める」or「休職して」ぷらぷらしたいと思っていませんか。

 

  • 会社を辞めることは世間体が・・
  • 休職するほどのことが起きていない・・

 

もしそのようなことを考えていたら、オススメしたいことがあります。
それは退職したり、休職しなくても「自由な時間を作るノウハウ」を知る
ことです。

 

 

もっというと、仕事の転職などをしなくても「自由な時間を手に入れる」ノウハウを本記事では、解説していきますので、最後まで見ることで新しい発見にも繋がるのでとしても参考なる内容です。

 

ということで「自由な時間がないからストレス」「趣味の時間がもっととれる仕事をしたい」「実は布団に入っている時間を極力増やしたい」「旅行の滞在時間を長くしたい」などと、思う人ほどは、見て欲しい内容となっております。

 

 

【本記事の内容まとめ】

  • 自由な時間がほしいあなたへ
  • 自由な時間を作るノウハウ
  • 自由な時間を作るために退職のリスク
  • フリーランスという働き方の実態
  • まとめ

 

こんな内容が詰まっている記事です。
なので本記事では、「何か新しいことを挑戦したい」「楽しいことをしたい」「人生一度きりなら自分の時間を作って趣味の時間を増やしたい」といった、これから人生をより良い方向へと思っているかたは適しています。

 

 

【本記事の信頼性】
本記事を書いている私は、IT分野に順次していて、5年以上になります。

今では3つの「ブログ運営」を持ち、WEBライターやデザインやマーケティングやSNSの発信としても活動をしています(他にも出展できるアプリを使って報酬を得たりもしています)

「過去に自作PCを作ったり、HPを作ったり」したことでITの魅力を感じたこときっかけに、IT系の学校出身⇒IT系の仕事⇒現在といった流れで来ているので、ITに触れる機会は普通の人よりはたくさんありました。

なのでITを使った魅力や楽しみを見出したりしている方なので、それなりの情報提供は出来ると自負しています。

 

 

とりしょう
とりしょう

・恋人の彼氏や彼女のどちらかが「自由な時間をない」ことで、会う回数が減ったり・・

・子育てをしている夫婦であれば尚、仕事と育児で忙しくて、自由な時間がない・・

 

そんなこともあります。

 

だけど、自由な時間が欲しいということがわかっていても、それ以上なことを考える余裕もなく、思考停止になっているが多いので、本記事で「考えなおす」意味でもどうか参考になさってください。

 

 

もしあなたが自由な時間ができたら何をしたいですか?よくわたしの回りにいる話では、

  • 何か勉強したい。
  • 未来があって、副業に活かせる分野での何か学びたい。
  • 家できる仕事を作りたい

 

そんな話をよく聞きました。

そこでわたしも気になっていて、コロナWithでも関係がない「プログラミングオンラインスクール」はいかがでしょうか。
興味があるかたは下記のリンクからプログラミングオンラインスクールについての考察を綴った記事が参考にどうぞ。
>>参考:プログラミングスクールの比較【オススメオンラインスクール】

 

スポンサーリンク

【自由に働くとは考察】自由な時間が欲しいと思う人へ。

趣味を優先できる 自由 仕事 

読者のなかにも、「自由な時間が欲しい」「プライベート重視」「趣味を優先できる仕事をしたい」といったことで、自分の時間をどうやって増やすのかを考えたことがある人は少なくないでしょう。

 

ほかにも、

  • 仕事が忙しくて、時間がないので、スキルアップのための勉強時間の確保ができない。
  • 仕事と毎日家事を日々回していくだけで精一杯だから、自分の時間が充分にとれない。
  • 趣味など好きなことをする時間がもっと欲しい。
  • 不景気だからこその、副業をしたいが、する時間がない。
  • 今の環境が辛すぎるので、新しい環境にシフトチェンジしたい。
こういった悩みや問題を解決していけるようなことを綴っていきます。

そこで本記事では、自由な時間が欲しい方向けに解説します。

とりしょう
とりしょう

意外にこんなに時間があったんだと改めてスキマ時間を意識できる。

ですが自由な時間が欲しいけども・・
仕事を辞めてでも、プラプラをすることに抵抗がある

ひとはたくさんいます。

 

まずは、すぐにプラプラをしてもいい人って次のかたでしょう。

  •  経済的に支えてくれるひとがいる(たとえば御両親などの身内)
  • プラプラしても関係ない人(ノマドワーカー)
  • 退職することが決まっていて、退職後に時間がある人

 

ですが社会人である以上は、自由は責任を伴わなければなりません。
なので、「なぜ」「なんのためにやるのか」 「期限や納期」は先に考えておきましょう。

 

そしてどうせするならば、 自由な時間を謳歌しきりましょう。これからの人生のステップにして エンジョイしてください。

【彼氏・彼女の関係の難しさ】自由な時間が欲しいかたはこちらへ!

【彼氏・彼女での恋人関係を大切にする】自由な時間が欲しいかたはこちらへ!

 

とりしょう
とりしょう

自由な時間があると、人間関係では良好になりやすいことがあります。ですが逆手になることがだってあります。
※自由な時間があるほど、昼間っから寝ころんで「ダラダラ」してい旦那が嫌だとかの観点は割愛します。

 

あなたが家族や恋人と一緒にいる時間があって、ちゃんともっていることはいいことです。
ですが、近場の人間関係で自由な時間があるデメリットがあります。

それは「外出自粛のとき」によく聞いた話で,次が例題です。

  • 彼氏が出来たが、1人の時間が作れてないような気がしてきた
  • 恋人や家族にいいところという印象が悪い印象に変わった
  • 思っている以上に出来ない人間
  • 一緒にいても楽しくない

 

 

 

人

自由な時間が増えれば増えるほど、「相手の良いところが悪いことがわかる」といったことデメリットもあるよね(全員がとはいいませんが)

 

そして、嫌いになるとどんどん嫌いになり、「この人はいられない」といったことになり、最後は破局だってありえます(コロナ離婚。コロナ別れは、時間があるからこその関係があるね。)

【趣味の時間が優先的にとれるようなプライベート重視】プライベートと両立できる仕事

とりしょう
とりしょう

プライベート重視で仕事をしたい。

 

例えば

  • 「自分がしたい趣味の時間多く設けて仕事をしたい」
  • 「家族といる時間を増やして、仕事をしたい」

日本人の大半は、一日8時間で週5日労働以上が大多数です。
ですが正直なところそれは定時上がりであって、まだマシな状況下と思うかたも多くいます。

「隔週で週6だとか…」「残業はいつも付きもの…」「無駄な飲み会…」「休日の謎のバーべキュー…」など自由の時間が少なすぎることから拘束が多くて、自分の時間を持ちたいかたにはとても苦痛なかたがたくさんいますね。

若者
若者

他人思考、他人目線。会社=自分の価値みたく思えてきたとき、「生きる意味」まで考えてしまい、虚しくなり、精神的におかしくなり、医師から診断出たぐらい。

ということで「プライベート重視での仕事を考えている」かたの中には、次のかたがいますので参考にどうぞ~。

  • 副業してある程度儲かったら、拘束時間が少ない会社に転職する。
  • 副業が本業(フリーランス)

 

いろいろ道はあります。
なので、絶望ならずに今できる範囲でできることを「ちょこちょこ」やっていくと、今の環境がいい方向へとシフトチェンジできるよ(まずは行動しよう)

【自由な時間がないのがストレス】時間に余裕がある仕事のメリット・デメリット

【自由な時間がないのがストレス】時間に余裕がある仕事のメリット・デメリット

とりしょう
とりしょう

仕事のせいで自由な時間を欲しいってかたは、

  • 「本来やりたい趣味を出来る時間がないからストレス溜まっている」
  • 「家族との時間が欲しい」
  • 「子育てと仕事の両立できる時間がない」……といったかたがたくさんいらっしゃいます。

 

そして日本人の働き方は「海外のかたじゃ考えれないぐらいの労働時間」だと思われています。

そこで本章では、仕事が時間に余裕があることでのメリット・デメリットを考察したことでの解説をします。

 

結論からいうと時間に余裕があることでのメリットはたくさんあります。
例えば、次の通りです。

  • 自分の趣味を思う存分として自分のペースできるメリット(明日仕事だから、〇〇時までしかできないという縛りはない)
  • 家族といれる時間が多くなり、旅行でも少し離れた場所にいける
  • 子育てしている夫婦であれば、分担しながら一緒にみてあげれる
  • 心ゆとりができる
  • 趣味や主義主張がない人は、時間ある分「自分の趣味や価値観」などを考えるので自分らしく生きれるように向かっていく。
  • 嫌いな仕事、嫌いな上司などの人間関係で顔を合わす時間減る分、ストレス減るし、そのストレスを解消する時間もできる

 

 

時間に余裕がある人のデメリットは?

  • 実際に何をしたらいいのかわからなくなる
  • 会社や働き方によりますが、稼げなくなる
  • 家族との時間が増えるので、家族内での人間関係トラブルある話も
  • 生活リズム狂って、不健康的になる
  • 趣味がゲームやパチスロのみってかたなど、時間ができる分、もっとやるので、運動不足、生活習慣などから体調不良になりやすい
  • テレワークで、ひとり暮らしだと、話す相手がいなくなり、ずっと一人だからウツぽくなったりしてくる。

 

ざっと一部ですが、こんな感じのメリットやデメリットが挙げられます。

 

転職を考えている人
転職を考えている人

仕事によって時間に余裕がある分、性格によって、メリットでもデメリットにもなるね。

【自分で自由な時間を作っていこう】家族との時間を大切にできる人は仕事も私生活もうまくいく【考察】

とりしょう
とりしょう

前述通り、家庭内の問題を勃発する人も…
なので、大切なことなのでもう少し考察したこと綴っていきます。

 

自分は働きに出てて、妻は専業主婦で、子育てしているものの、「自分の時間がほしい」っておもっているかたもいます。(その逆も然り)

確かに、妻が専業主婦として頑張っていて、四六時中は子供と一緒にいて、大変な思いで家事洗濯をしているのはとても感謝ですが…

妻に「自由な時間が欲しい」と相談したら、子供といる時間が旦那のほうが少ないからと自由な時間の比率で受け付けてくれないってかたもいます。

ですが、そこで一度立ち止まり考えてほしいのです。
方法は、お子さんが小さいうちは辛抱してみてはいかがでしょうか。

なぜなら、お子さんが大きくなれば、自分のことは自分でやるのですから、それだけ後々自分の時間はできるし、お子さんが大きくなったら、一緒に趣味でも旅行でも付き合ってくれるし、いろんな視点をもって、いまは辛抱をしてみるのはいかがでしょうか。

 

パートアルバイトで自由な時間を作るのはどう?

人

給料は、生きていける分だけでいい。
それより、自分の時間を作って人生を謳歌したい。

パートやアルバイトなら、自由な時間が欲しい人には適しているった思っているかたもいるので、経験を元から解説していきます。

 

結論から正直いうと、子育てしている家庭をもっているかたを除いて、
現在「無職」「転職活動の間」「今の仕事疲れて何もやる気がおきないなどの症状の診断がつくぐらいの無気力あるかた」などのかたはアルバイト(適度な仕事)として今は生きるってありだと思います。(ですがダラダラとそこにしがみつくのは危険)

 

確かに職種によりますが、アルバイトだと自分の時間が出来ますし、気もちも楽です。
※休日にたっぷり寝るためだけに働いてる労働の仕方でのアルバイトではないことが前提。

 

メリハリをつけて、いまの仕事自体がかなりきついならば、「休み」が欲しいこ心は言っているっことでしょう。

管理人
管理人

わたしも人間関係がすべて嫌になった時期があり、自暴自棄な精神状況になったこともあります。

そんなとき、「休息」よりも「ゆったりとした穏やかな時間」が 欲しいと思っていた時期がありました。

 

  • アルバイトしながら、目的まで副業を伸ばす。
  • 今の仕事でたくさん稼いで、いったん長旅に出て、帰宅したらアルバイトしながら転職活動するなど

先に予定を立て、計画をもとにメリハリつけて行動しましょう。

 

本当に今の仕事厳しいならば、転職先でも下手なアルバイトをして、「今の仕事よりも更に体と心にキツイ仕事になってしまう」リスクも視野に入れて、情報収集や行動しましょう。

 

人間には、限界があります。
それは、耐久性など人によって変わってきます。

自分の心に嘘をつき、今の仕事を無理にでも、嫌々と続けても医師から診断をもらっては「精神バランスが崩れる」というのは時間の問題かもしれません。

 

次の章で、「自由な時間をメリハリつける」ことの詳細を解説します。

 

【自由に働くまでに考えること】どっからまでが自由な時間をメリハリつける

自由な時間をメリハリつける

とりしょう
とりしょう

まずは、自分の自由な時間が欲しいならば、1日24時間でどう生きるか大事です。

 

そのためには、「メリハリつけるためにどう生きる」かが大事です。

 

自由な時間を持つための方法としては、メリハリをつけることですが…
前提としては、「あなたの時間はあなたのものだけしかない」ということは忘れないください。

つまり必要ないことまでに時間を割くのは余計な労力となります。

 

自分の好きな事だけを考えて、自由に人生を過ごすといったストレスフリーな生活に憧れを抱くかたは多くいます。
だけど「それはできない」「自分には無理だ」というブロックがあるかたも多数いるのが現実です。

 

確かに自分のことだけ考えて好きな勝手にいくのはできないですが、自分の好きなタイミングで好きなように場所や時間を選ばずに働くといった可能性はだれにも大いにあると思っております。

 

【自由に働くまでにやるといいオススメ5つ】マルチタスクを使う。

【自由に働くまでにやるといいオススメ5つ】マルチタスクを使う。

【おすすめ①】副業

自由に働くまでに特にオススメしたいのが、「副業」です。
副業を作ると、メリットが多いからです。
例えば、次の通りです。
  • 自分のやりたかった仕事が完全でもなくても収益になる
  • 好きな仕事なので、やりがいを感じるし、意外なビジネスにも繋がる。
  • やりがいを感じるので、よくリサーチしたり、勉強もするようになる
  • 今の勤めている会社がつぶれてもいいようにと、頑張れる
  • 自分の長所短所がわかってくる
  • 使命感にもなり、小遣い稼ぎにもなるといった一石二鳥
とりしょう
とりしょう

副業をやることで、1日24時間じゃ足りないって思うこともあるよ。

【おすすめ②】日ごろの生活で出来る範囲のことは減らす

とりしょう
とりしょう

実は「自分の自由な時間がない」って言っている人の中で、自分の時間を作るために思考していない人がいますね。

 

例えば、日ごろのテレビを見る時間を副業にあてたり…読書にかえたり…

と日ごろ時間の使い方でも、10分だけでもいいので置き換えれる点はあるでしょう。

「単純にやることを減らせば、自由な時間が増えるだろう」ということの考察です。

まずは、日常に無駄がないかを見直してみましょう。
日ごろのあなたの行動が習慣となり、当たり前になりすぎて「自分でも気づかないぐらい無駄」とだったと後から気がつくパターンがあります。

 

例えば、仕事して帰宅して、ごはんを食べて、寝そべってテレビをダラダラみる時間なんかわたしからみたら、違うことをします。
テレビ⇒タメになる本だとか…読書ではなくても、YouTubeで情報収集だったり…

他にも、せっかくの休日を十何時間も睡眠とったり、ダラダラでテレビをみたり……

買い出し一つでも、スーパーは行ったはいいがなかなか商品選択できなく店内にいる時間を削減できないとか…
お酒を飲むなど…(お酒飲んで読書や勉強は生産性が下がるという意味)

※けして、テレビやダラダラするのはいけないって言っている意味ではありません。
そんな感じで、日常の無駄について、いかに削減して自分のスキルや知識の時間に投資できるかが大事です。
若者

買い物一つでも、なるべく一箇所の店で済ませるだけも違う時間にさけます。

 

他にも、わたしはメンタリストDaiGoのファンから、よく着る洋服を選ぶのに、意志力を使うので時間をかけるのはよくないと聞きます。
詳細は割愛しますが、意志力を節約するには、いかに一日の無駄な選択を減らすことだと言われています。
つまり最低限の意志力にしれば、「どれを着ようか」と選ぶ時間がなくなるので、うんざりしていた服装を選ぶだけでも、サッと終わらせれるので、意志力の節約になります。
これらについては、各個人での事情や考え方に応じて、できる範囲でやることをオススメします。
そして多くの時間を取られていることが見当たるならば、一度は見直してみるのもいいかもしれません。
また
  • 平日は仕事や家事でやることが多いから一切自分の時間がない。
  • 休日はそれはそれでも、家族サービスで時間がいくらあっても足りない。
  • もっと趣味に当てられる時間が欲しい。

 

といったことを思っている人も多いことなので、「時間がいくらあっても足りない」と思って思考停止をするのではなく、5分、10分でも就寝前の少しでいいので、時間を作るというのはいかがでしょうか。

【おすすめ③】常に一石二鳥以上を目指す

1日の時間は24時間と決まっています。
なので、マルチタスク(並列思考)や一石二鳥(むしろなん鳥にもなる)ことを考えて行動するのはいかがでしょうか。
とりしょう
とりしょう
1つの行動にみえるが、いくつもの恩恵や効果を得られるようにしていくことをオススメです。
つまり今まで単体にやってたことを一気にまとめることをできないかとも考えてみましょう。

例えば、次が例題になります。

スキルアップの為ということで、仕事から帰ってきて、プログラミングの勉強します。
ですが、勉強している方ならプログラミング無料学習できるアプリをインストールできれば、通勤時間や隙間時間を使って、学習するといったことができたり…

運動不足だってかたほど、そんなに遠くなければ、日ごろ車を使っているかたであれば、徒歩で買い物に行くなど…。
有酸素運動であれば、ジムの会費やガソリン代が節約できたり、日光を浴びて、セロトニンにより幸福度があがったり、骨が強くなったりと気分も上がるので一石なん鳥でもなります。ジムの時間を勉強時間にもあてれます。
更には、浮いたお金で、それで新たに知識を入れる本でも買うことができます

 

そんな感じで自宅での学習時間を節約するための方法を作ることを軸に考えると一石二鳥でも三鳥でもなります。

【おすすめ④】今に集中する

マルチタスクよりシングルタスクのほうが、生産性があることは科学的根拠では言われています。
ですが、僕的には「時と場合によると思っております」

なので、勉強するときはテレビを見ながらするとか…ながらの行動はしないように心がけましょう。
ですが、例外もあります。それは、パソコンの電源つけている間は○○という勉強するというのはありです。

なので、マルチタスクとシングルタスクだと境界線は難しいとこはありますが、うまく線引きとりかかることがいいでしょう。

よって、今に集中することをオススメします。
やはり、生きているといろんな誘惑があります。

例えば、勉強しているのに、友達から連絡入る。
だけど自分の人生の未来がかかっている勉強だ。だけど迷う…

 

○○という資格を取得するために頑張っているが、いろんな情報が飛び交う中で、やっぱりこの●●資格のほうが楽しそう。この△△という資格がいいみたく…目的からどんどんズレていく流れになったりするケースもあります。

なので、「最初に絶対これはやる」というブレない心と誘惑との闘いを覚悟して臨んでください。

【おすすめ⑤】モチベにもなり、手間をいかにかけない話

実はモチベーションにもなるし、手間も省けてその分時間ができるという話をします。
それは、宅配で頼むというパターンです。
土日や既にいる前提での話になりますが、宅配で料理を頼むと自分が料理しない分、時間ができますよね。(皿洗いもいつもかなり少ない)
そして、宅配で来る料理って正直「おいしいです
節約とか…」「一ミリも食生活変えたくない…」ってかたは除きますが、宅配で運んでくる料理はおいしいし、コスパもいいものもたくさんありますし、1週間でも…月1で頑張ったご褒美にもなるのでオススメですよ。
とりしょう
とりしょう

ご褒美のために、勉強を頑張れるとか最高!
わたしは、モチベと時間ができることから、たまにガストで頼んでますよ。

金銭面で大丈夫なら、宅配というのは、ガストだけじゃなくても、トドックなどから食品や日用品の宅配をしてもらえることだってあります。そうすると買いに行く時間も労力もかかりません。
なので、現代人はやることが多くて忙しいと思うので、テクノロジーやサービスの進化がある今の時代を使って、やらなくてもいいことはやらということもありだと思います。
とりしょう
とりしょう

テクノロジーの時代なのですから、利便性がいいサービスをうまく活用してくことが時間の有効術ですね。

まとめ

【自由に働くまでにやるといいオススメ5つ】マルチタスクを使う。

今回は、新しい取り組みをしたいひとだけじゃなくても…
彼氏(女)との自由な時間が欲しいと思った方から~時間に余裕があるプライベート(趣味の時間など)を重視できる仕事についても解説できたかと思います。

そもそも「自由な時間がないことでストレス」になるのであれば、一度立ち止まり考えなおしてほしいと思います。

我慢と根性の連続で気持ちが沈みまくったら、心の問題があったりと元も子もありませんよ。

そして、現在子育てをしていて、「家族との時間を大切にできる仕事を目指すってかたも」で、本記事での観点も視野に入れていただけたら幸いです。

 

現代人はやることが多くて、「会社、生活」などの日々いっぱいいっぱいでキャパシティオーバーになるのもわかります。
時間に縛られて生活しているの…。そして、時間に追われて工夫して生活する余力もないのも重々承知しております。

 

そこで、ぜひ自由な時間が増やすためのノウハウとして、本記事を参考にしていただけると幸いです。
意外に、ちょっとしたことを見直すだけで「時間を作り出す」ことだってできますよ。
タイトルとURLをコピーしました