【フリーランスになる前に】未経験でも実績をつけるための流れ五選

スポンサーリンク
フリーランス 転職 退職 メリット転職 退職 幸せ

 

とりしょー
とりしょう

あなたは、今の仕事を辞めて、自由に生きたいと思っていませんか。

だけど、仕事を辞めると食っていけないし、生活保護はなんだが嫌だし・・申請は厳しいし。

 

もしそのようなお考えだったら、フリーランスという働きを視野にいれるのはいかがでしょうか。

 

 

とは言っても正直、わたしの意見としては、フリーランスを目指すよりは、副業として最初は活動して、その後、フリーランスを目指していくことが一番いい流れで安全圏なのでおすすめします。

 

 

ということで本記事では、「フリーランスとして働くまえに知っておくべきこと」「今の会社を簡単にやめて、次はフリーランスになろう」と安易に思っている方は、最後までご愛読の方よろしくお願いします。

 

 

【本記事の内容まとめ】

  • フリーランスに魅力
  • フリーランスになるためには実績を作る
  • 実績の種類
  • 未経験でも実績を作れる
  • 実績を得る方法

 

 

こんな内容が詰まっている記事です。
なので本記事では、フリーランスとして働きたいと考えていて、「フリーランスは未経験でもなれるのか?」「何か新しいことを挑戦したい」「何か楽しいことをしたい」「フリーランスとして実績の付け方」って思っている方ぜひ見てほしい記事です。

 

【本記事の信頼性】
本記事を書いている私は、IT分野に順次していて、5年以上になります。今では3つの「ブログ運営」を抱えWEBライターやデザインやマーケティングやSNSなどでも活動を行っています。
過去に作品として自作PCを作ったり、HPを作ったりしたことがあり、IT系の学校出身⇒IT系の仕事⇒現在といった流れで来ているので、ITに触れる機会は普通の人よりはたくさんありました。なのでITを使った魅力や楽しみを見出したりとIT分野で情報提供は出来ると自負しています。

 

わたしは要請が出て、外出自粛中に「今後の仕事のことを考えた」けどいつ会社が倒産するかわからないし、減給をされたり、ボーナス減ったりして、未来に絶望したよ。

 

だから今は副業として、通販で物を売ったり、手作りなものを販売したりして、ちゃっかり楽しみながらやってるよ。

 

なので、今の会社にしがみつきながら合間ぬって副業をするといいよ。

その副業が本職になるしね。

スポンサーリンク

【準備】フリーランスとして頑張る【なる前にみて】

準備 フリーランスになる前に

とりしょう
とりしょう

会社員を辞めて、流行りのフリーランスでもやるかな。とにかく今の会社が辛すぎるということで、

  • 朝の満員電車がどうしてもいやだ
  • 残業で自分の時間がないばかり
  • 毎日が会社で気分が駄々下がり」・・

 

 

ということで「いざ、フリーランスになってからイメージと違う」ということを極力なくすために、知っておいてほしいメリットとデメリットに触れいこうと思います。

 

「ちゃんと実績をつけたフリーランス」と「サラリーマンやOL」の違いは、次の通りです。

 

◆メリット

  • フリーランスは、時間や圧力などからの規制が違うのでメンタルの持ちようが違う
  • 心にゆとりを持てる。
  • フリーランスは、得意なことに注力できるので楽しく感じることが多い。
  • 時間の制限少ない。
  • 辛すぎる人間関係や頭のおかしいひととの人間関係は切れる。
  • 他人と無理に合わせる必要がない。

 

◆デメリット

  • サラリーマンやOLは、時間と労力を使ったわりに、税金でがっぽりもってかれる
  • 残業や一日の拘束時間で長く、自分の趣味の時間があまりない。
  • 一日の満足度が低い
  • 仕事が忙しくなると、責任を振られたり、出来る人だと思われたら、なんでも聞いてくる(自分で調べないで・・)そんなことからその人の悪い点が見えてきて、不平不満がでる
  • サラリーマンやOLは、古い価値観・世間体を意識した生活のプレッシャー多い。
  • 上司という立場や役職という立場を使って、社会の枠組みの主従関係をいいことに、楽しよとするやつがでてくる。
  • とにかく、人間関係でいろんない辛すぎることが起きる。

 

 

キリがないので、これぐらいにしときます。

 

そもそも世の中は、サラリーマンやOLだけじゃなくても、役職が部長なの所長といった地位を持っている人は腐るほどいます。
なので、転職しても元々の会社で役職があっても、使えない人なら話にならないとばっさり突き放されます。

 

新人でも若手だって、明るい光の兆しがみえなく、働いても働いてもずっと豊かになれず、ただただ幸福度の少ないといわれる世間体や社会の枠組みを強いられて、プレッシャーに不安を感じながらも、仕事に嫌気がさして毎日嫌々働いている人も多いと思います。

 

 

不安の人
不安の人

今は世知辛い世の中というものの、暗闇のトンネルにいる感じで、先を見通しても、光見えないけど、まわりから根拠のないことばかり吹き込まれ、消耗品のようなコキ使われるだけの生活が辛い。しかも給料あがるわけじゃないさ。

 

 

 

いざ転職をしようとしたら、
「自分は何ができるのかわからないし・・」かといって、「特別なスキルや資格もないから、同じ業界に入り直すか、それか年収や待遇下げても、別業界にチャレンジする」って思っているかたはごまんといます。

【なる準備】フリーランスとして準備する【必要となる知識】

フリーランス なる前に 準備

 

先にいうと、フリーランスになるには実績が大事です。
なので、フリーランスになることはそんなに甘くないです。

ただし確実にフリーランスになるために、一年二年と見据えていまから準備することが自由を手にする秘訣です。

 

わたしは以前勤めていつつも、ブログ発信やSNSでの集客活動をしていました。
更に加えて、ブログ活動のスキルがクラウドソーシングや副業アプリなど活かせて収益にもでています。

 

とりしょう
とりしょう

ブログ活動って、ココナラアプリで出展するときにもライティング力が発揮できてオススメ。

 

たくさん稼げるほどまではいってませんが、勤めていた時代から副業としても、影ならコツコツと頑張った結果が今に繋がっています。なので、自分がいいと思ったことが後々副業や本職なることもあるし、どこで活用できる場面があるかわからないの、コツコツと時間を作って実績を積むように努力するといいでしょう。

 

 

 

自由を求めるためにフリーランス

 

テ〇ビの報道が問題という話は聞いたことはありますか?
それは、流すべき情報を流さなかったり・・そんなに流さなくてもいい情報を過度に流しつつけたり、そんなことを耳にしました。

それは、SNSの情報の相違点や矛盾が多く見られたことと、どこも同じ内容をというので「正直つまらない」といったことが多く見られたことから、疑わしいことが見られました。

人の不幸は蜜の味」というようにメディアでは暗いニュースばかりで、精神性の高い情報はあまりなく、ポジティブマインドから遠のくように視野が暗くなりがちの情報が流されいます。

陰謀的になるので深くは触れませんが、
暗いニュースや狭い情報で、国民1人ひとりの潜在的に影響を与えて、同じ思考にさせ、可能性を見出さないようにして「支配側が優位な状況へと心理操作」のためにテレ〇があるといった陰謀的な話があります。

 

だから自分で身を守るように塔を建てていかないとなりません!というアンテナはあっていいと思います。

 

陰謀的なので真実味は薄いですが、どっちにしろこれからの時代の働き方は、インターネットの時代の時代なので、ジョブ型(テレワーク)ということもあるので、インターネット関連でのお仕事をするのはオススメします。

 

とりしょう
とりしょう

フリーランスになるとして、実績をつけるためにも、まずはインターネットでの仕事がどうでしょうか。

 

そしてインターネットでの仕事ならば、「ノーリスクでハイリターン」も期待でき、仕入れがないという好条件なので、Wi-Fi環境やPCあれば十分です(スマフォやアイフォンだけでできる副業もあります。)

 

フリーランスについてもっと知りたいかたは、下記にリンクからどうぞ。
>>参考:【目から鱗】フリーランスに向いている人の10の特徴を解説【未経験可能でのスタート】

 

【目から鱗】フリーランスに向いている人の10の特徴を解説【未経験可能でのスタート】
フリーランスを目指した、クラウドソーシングやココナラアプリを使って副業から始められるかたも増えてきていいます。ですが、フリーランスはフリーターを間違った解釈しているかたも少なくないです。 本記事では、フリーランスのメリットデメリットやフリーターとの違いや働き方の実態を記載しました。 これからフリーランスや副業や在宅ワークを考えている方は是非記事をご覧ください。

【実績をつける】インターネットで出来る仕事の8選

フリーランス 実績をつける 仕事 知識

 

インターネットで出来る仕事は、ココナラアプリやクラウドソーシングでの受注をオススメします。

そもそも在宅できてインターネットで出来る仕事と言えば、たくさんあります。

 

  • メルカリでの販売
  • ミンネやベースで販売
  • ヤフオク
  • Shuteeretock(撮った写真を売る)
  • YouTube
  • note(文章をうる)

ざっとこんな感じです。
副業をするには必須なツールです。

 

特に汎用的で、使いやすく、無料で簡単に登録できるということでは、「ココナラアプリ」がオススメです。
とりしょう
とりしょう

スキルや経験がある分野で、ココナラアプリの受注はオススメだよ。

あなたの能力を理解してくれていますか?

例えば、職場において「不当に扱われ、都合がいいだけの評価で、内面の部分をみてくれずに、本当にいい人なのに、人格までないがしろにされやすい宝の持ち腐れ」の人がいます。

そんな都合だけの評価で、ちゃんとみてくれる環境で、日々努力をしている人がいたら非常にもったいないです。

正しい努力をして、本来の実力を上げてフリーランスや個人というポジションで稼ぐのも今の時代らしく悪くないのではないでしょうか?

すぐにフリーランスとは言いませんが出来るならまず、副業から始めていくのはどうでしょうか。

わたしは趣味でもあり副業でもある、ココナラアプリを使って大変満足しています。

【基礎知識】フリーランスとしても実績をつけるための5つの流れ。

フリーランス 実績をつけるための流れ

 

とりしょう
とりしょう

特別なスキルや資格がある人がフリーランスを目指すのは、とても重宝される存在です。

 

ですがだからといって、実績やスキルがないからフリーランスになれないというわけではありません。

スキルも実績もある人やない人にも本章をみてほしいです。

 

ゼロから1を生み出すというのは実績があるかどうか

フリーランスの仕事って、エンジニアやデザイナーやカメラマンなどがよく聞きますが、保育士や医師でもあります。

 

とりしょう
とりしょう

配送をフリーランスとしてやっているかたが周りにいたよ。

 

フリーランスは、すごい自由で羨ましいって思うかたはたくさんいます。

だけどフリーランスは、税金や住民税など申告書までも、全て自己責任でやることは忘れてはいけません。
例えば、「営業から始まり、契約・仕事完了・宣伝」までも全部自分でやるという形になります。

 

 

なので発注側から受注側であっても、日ごろの「最後までこなしてくれるか」「納期は守ってくれるか」などの積み重ねの信頼の蓄積が必要となり、それが実績を担保にやる必要があります。

※最初フリーランスとして、信頼という実績がないとまともに相手にされなかったりして困惑します。

よく会社での営業さんが取ってきた仕事をこなして納品していくというのは、フリーランスの実績とは違ってきます。

では会社の営業とフリーランスの違いは?
それは自分で営業して、仕事を取って、自分が持っている力だけ最後まで完了させ、納品したらフリーランスでいう実績となります。つまり自力でお金を作ることが大きな課題です。

 

自力で稼ぐことができる感覚を知ること。

何も実績もスキルもない人は、ブログでもクラウドソーシングでのアンケートに答えるものでいいので、組織に所属しなくても、お金を稼げるという感覚を知ってください。

これは、やらないとわからないのですが、実は自力で稼げるということを知ると、自信にもなりますし、欲がでてきて意欲的になり行動的になるのです。

メルカリやヤフオクにやせどりなどで出品して、稼ぐっていうかたもいますが、それもそれでいいのですが、数か月でも少しでも毎月入るぐらいの収入っていう経験をしてください。

【実績を作るには】自分の時間を自ら確保していく

当たり前に聞こえますが、実績を作るには一日24時間内で、どれだけ実績をつける時間を割くことができるかです。

なので、何かを始める時間を取れるか考えましょう。

ほぼ毎日残業で、帰宅しても疲れ切っていて、ごはん食べて、風呂入って、寝るだけの生活で、1日1時間すら時間の確保が出来ない人は、残念ながら今のままでは今と変わらないもしくは、もっと泥沼です。
そこまでフリーランスをめざしていない。興味ない。それ社畜でしょう。

1日にどれだけ時間を確保できるかは、人それぞれですが、30分でもいいので確保しましょう。

 

とりしょう
とりしょう

フリーランスを目指す為の最初のステップ
これができないなら、余程の特別な資格やスキルがない限り厳しいでしょう。

【実績は信頼】社会は実績で態度が変わる。

初めは特に、クラウドソーシングなどで受注する際は、契約したい相手からすると、実績や経験をみてから判断します。
実は知らない人を評価するというのは、基準がないため、実績以外で判断するしかないのです。

 

あなたがどんなに人間性がよくて誠実で、とても尊敬できるような人であっても、それは時間をかけてわかってくる部分もあるので、仕事をするにあたっては、どうしても実績をみるしかない方法はないのです。

なので、始めたばかりの人と、過去に実績がある人では、過去に経験や実績がある人が多いのです。

 

とりしょう
とりしょう

仮に実績ないフリーランスになったとしても、自由に生きれるフリーランスをは稀もしくはほぼいないでしょう。なので、実績なしでは無謀です。

 

※ちなみに勤めていた会社で得た実績というのは本当の実績ではありませんので注意して下さい。実績というのは自分の力で仕事を取って来て完了させて報酬をもらったこと、あとはその件数です。

【フリーランスとしての準備】実績とこなした件数は超大事。

先ほどからフリーランスは「信頼」が大切といいましたね。
それも初心者や実績や経験が浅い人が特に信頼を得るには実績です。

 

実は実績だけじゃなくても、フリーランスになったはいいが後々「簡単に契約が切られたり」、「次の仕事や案件」がなかったりして、困らないようにする為にも、実績が大事なのです。

 

本来の実績があれば、他の仕事が見つけやすかったり、食いぱぐれなかったりします。

 

とりしょう
とりしょう

実績にはそれなりの証明があるということです。

 

実績とは・・自力でお金を稼ぐ経験になります。
例えば、自分の力で仕事を作り、営業なり宣伝して、仕事を取って来て、受注して、最後まで完了させて報酬をもらうこと。

 

そして、そのこなした件数こそが相手の見ている基準にもなります。

 

 

会社を辞める前に副業として、「クラウドソーシング」や「ココナラアプリ」などで、たくさんの実績を作りましょう。

わたしはココナラアプリで「占い鑑定」をしていますが、実績はあってもこなした数がまだまだです(だけど次どういう提案や戦略にしようかを考えるのは好きなので辞められません)とにかく、自分の実績をたくさん作って、こなしていきましょう。また、既に会社を退職してしまった人はアルバイトでもいいので、何かで働きながら食いつないで自分の時間を作って実績作りをオススメします(以前のわたしはそうでした。)

実績を得る方法【プログラミングオンラインレッスンも考えてみて】

フリーランス なる前に知っておく知識 準備

 

フリーランスは実績が大事です。
例えばココナラアプリでイラストやロゴの作成して、広報して受注して、最後まで納品までしたらそれは完全なる実績になります。

 

また、発注側と取引が成功したら、チャットやメールでやりとりがあります。その時のコミュニケーションに問題ないか、魅力的な意見はあるのか。納期をちゃんと守ってくれるのか。「報告・連絡・相談」できるのか。そこまでちゃんと見られています。

 

なのであなたのメリットとしても、長期的な契約やライター受注であれば、単価交渉もあるので、しっかり対応しないといけないことは肝に銘じておいてください。

 

とりしょう
とりしょう

フリーランスの実績というのは、自分で仕事を取ってきて完了させたものです。

 

 

あともう一点。
実績での信頼という意味でも、クラウドソーシングやココナラアプリでのプロフィール欄にかける「資格」に着目する人がいます。

そこで、もし取得を考えているならな、難しくもっていると珍しい資格がオススメです。

なので、参加しただけでとれるような資格やちょっと勉強して取れる資格や認定は、フリーランスとして活動ではあまり意味がないです。

 

とりしょう
とりしょう

資格より実績が重宝されるね。

 

※リモートワークやテレワークが推奨されている現在、家でスキルや知識を入れて、主婦でも学生でのも副業を作りたいということから「オンライン完結型のプログラミングスクール」が着目されています。

プログラミングは難しいイメージがあり、専門の人だけがやるイメージですが、今の時代は学びやすく、無料で体験もあり、サポート体制も抜群で学ぶ上では万全なスクールがあります。

なかでも、TechAcademyというプログラミングスクールは、1週間の無料体験があるとのこと。
無料体験や相談も無料なのでとりあえず試してみてはいかがでしょうか。

このスクールは、有名であり、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールで名の知れた、完全マンツーマン学習なので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれるのです。

>>参考:未経験からエンジニアを目指すTechAcademy Pro(エンジニア転職保証コース)

まとめ

フリーランスなる 準備 仕事 知識

とりしょう
とりしょう

本記事では、フリーランスを目指す前に知っておいてほしいことを解説しました。

 

サラリーマンがある日突然、フリーランスになって、月収100万円超えたとか、、総資産が一億円云々っていう人もいますが、わたしの考察では、99,999999%はウソでしょう。

 

なぜなら、稼いでいる人はお金をチラつかせません。そして公に顔を出して自慢げにでてきません。
そして、SNSで自称コンサルティングの人が年収が低くて困っている人でもターゲットにして「お話しませんか?」で、情報教材を売る目的で、お金儲けであなたに近寄ってきません。

 

とりしょう
とりしょう

SNSで「すぐに電話や会おうとする人は」ほとんどのケースで商材を売りつけるためにターゲットを探している人が多いので気をつけてね。そんな簡単にお金儲けはできないのが現実なので、騙されないように。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------—

あなたはフリーランスとして活動するために行き詰っていませんか。

 

そんな悩みを放置することで、時間や労力だけじゃなく、
後回しが原因で、「会社の給料が減給された」「あの時、早くにやっとけば楽しい生活を送れたのに」「自分軸を作る機会に繋がった」「副業が本職になった」「会社がつぶれた

 

それだとフリーランスをめざしていることに本末転倒です。

 

そんなときに役に立つのが、「クラウドワークス」や「ランサーズ」や「ココナラアプリ」を使ってでの副業です。

 

急にフリーランスを目指すよりも、ますは副業として少しづつ実績をつけることにオススメします。
「クラウドワークス」や「ランサーズ」や「ココナラアプリ」は、そんなあなたの強い味方になってくれます。

 

そして簡単に無料で登録できて、やらないわけにはいきません。

 

わたしの経験でも、「クラウドワークス」や「ランサーズ」や「ココナラアプリ」での仕事は、あなたの副業だけじゃなく、フリーランスとしての収入源や実績にもなり、「本来の自分がしたかった仕事に注力できる」ことだってあります。

なので今までのスキルを活かせるのもいいし、こんな仕事をしてきたよという実績や証明にもなることを知っておいてください(これだけメリットあることを知っておいてください。)

ということで、本当に自分がフリーランスとしてやっていけるかは試してみないことはわからないので、フリーランスの登竜門としても、有名なとこの「クラウドワークス や ランサーズやココナラ」 をぜひ活用してみることをオススメします。

 

ワンポイントで「クラウドワークス」や「ランサーズ」や「ココナラアプリ」は、最初は稼ぐことに重視するよりは「自分がどんなことが出来るのか」「たくさん受注や依頼を受けられるようになるにはどうすればいいか」などを先に考えてくださいね。

なぜならそうしていくうちに実績が多くなり、知名度も上がり、直接依頼者から指名があったりします。

女性
女性

クラウドワークスやランサーズでは、すぐに始められるものもあります。

例えば、簡単な案件に答えるだけで30円など誰でもできるものもありますよ。

 

なので、まずは登録してどんな案件があるのか確認しよう。

タイトルとURLをコピーしました