【目から鱗】フリーランスに向いている人の10の特徴を解説【未経験可能でのスタート】

スポンサーリンク
【目から鱗】フリーランスに向いている人の10の特徴を解説【未経験可能でのスタート】転職 退職 幸せ
とりしょー
とりしょー

読者さん。
とりしょー(@torishow01)です。

 

 

 

あなたは、「フリーランスになりたい」「興味がある」理由が次のことがあるからではないでしょうか。

 

 

 

 

  • 今の仕事が辛い
  • AI時代でもついてこれるような楽しい未来のある仕事をしたい。
  • 仕事で忙しいけど、隙間時間使って転職に繋がるようなことの何かをしたいと思っていませんか?
  • 人生一度きりだと思えば、違う仕事に挑戦したい
  • 朝起きたくない

 

 

そういった思いでフリーランスという働き方をを考えていませんか?

そこでこの記事では、フリーランスという働き方に向いている人、フリーランスの実態を解説していきます。

 

 

本記事の内容まとめ

・フリーランスの働き方の実態
・フリーランスと違う雇用形態の相違点
・フリーランスとは自由を手に入れること

 

 

あなたがもし、「働き方を変えたい」「副業を考えている」「すでに離職済みで何か始めたい」と思っていたら、この記事で消化できるかもしれません。
そして、老若男女問わずタメになって、副業のチャンスにも繋がるので、メリットデメリットも知ることが可能です。

 

 

 

管理人
管理人

 

実は、わたしは、多種多様の仕事をした経験があり、幾度も仕事を変えてきました。
なので、「朝起きて混んでいる電車に乗りたくない」「楽しくない仕事は辛すぎる」「人間関係めんどくさい」というのは、重々承知しています。

 

 

現在「ブロガー」や「SNS活動」だけじゃなく、クラウドソーシングで受注したりしたりして、フリーランスとしても活動しています。

 

 

なので、その経験を絡めた考察したことを記載した記事ですので、
他では、読めない濃い内容であり、フリーランスとして生きていく自分の内観する時間としてもいい記事となるでしょう。

 

 

 

ということで、コロナwithだからこそ、老若男女問わず「リモートワークや在宅ワーク。副業」にもつながる「フリーランス」について紹介させていただきます。

 

プログラミングオンラインスクールはメリットだらけよ。

 

フリーランスは需要はあるし、30代過ぎて未経験でも転職サポートがあるしオンラインでの授業だから、「コロナ対策」にも「交通便」にも、そして時間を有効に使えるって意味でも、プログラミングスクールはオススメだな~。

 

 

フリーエンジニアなんか特に、在宅ワークが多いし、給料もいいし、職場の人間関係など余計な付き合いもないから、過去に勤めていた会社のストレスが溜まるだけじゃなく、鬱っぽかったり、体調不良が続いたりして、転職が余儀なくされることの心配もない!

 

 

とりしょー
とりしょー

アメリカ発祥で、世界中でも「フリーランス」が主流となっています。

だからこそ、自分自身がフリーランスになるのかわからないからこそ、「実態」を知るべきよ。

 

 

そしてフリーランスのメリット・デメリットを知った時点から、未来に先駆けて、いまから出来る限りの行動に移すことが「キー」となるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

【自由を手に入れる】フリーランスの4つの種類について。

フリーランスになるには 女性問わず

 

管理人
管理人

世界中規模でコロナ問題ですが、株価の問題、企業倒産やリストラの問題を別として今の会社に期待できないし、給料も減っているので「転職や副業」を考えている人もいるでしょう。

 

 

 

先にいいます!
フリーランスまでもいいませんが、副業をすることオススメします。

なので、副業からフリーランスを目指せしてみてもいいかもしれません。

 

 

質問者
質問者

フリーランスって、簡単にいえばどんなの??

 

 

まずフリーランスとは、「委託ような雇用形態」です。
つまり、自分で新しい仕事を作った時の雇用形態は”フリーランスや委託”となるイメージでいいでしょう。
まぁ、こういった自営業で世界中においても、のちのち増えてきて、主流となる働き方なる考察しています。

 

フリーランスとは、「フリーアナウンサー」然り、「フリーエンジニア」だとか・・
フリーカメラマンやスタイリストやデザイナーもいますね。

 

 

もっと具体的にいうと実はフリーランスの種類には、4つあります。
次の通りです。

 

自由業系フリーワーカー・・企業との雇用関係がない独立したフリーランス。最近話題のブロガーやユーチューバーがこれにあたります。

自営業系独立オーナー・・個人事業主または1人で法人経営をしているフリーランス。税理士や弁護士などの士業がこれにあたります。

複業系パラレルワーカー・・空き時間や休日に行う副業とは違い、プロフェッショナルとして、2社以上の企業と契約ベースで仕事をしているフリーランス。

副業系すきまワーカー
・・会社員としての給料を得ながら、空いた時間で副業をするフリーランス。副業であるため、ほとんどの人が10万円未満の年収。

※ちなみに最近では、会社を独立してプロフェッショナルとして働く、複業系パラレルワーカーの人口が増えています。

 

 

 

内容としては特に、「フリーランス」と言えば、エンジニアやデザイナーなどのWeb関係の仕事に関わるフリーランスの需要が高まってきています。

 

 

恐れている人
恐れている人

クラウドソーシングやフリーランス専門エージェントを覗くと、
募集されている案件の9割以上がWebのお仕事に関する案件だと言われています。

 

やはりIOT化とかIT社会と言われるので、IT事業は強いでしょう。

アメリカのフリーランスという働き方では、10年で10倍増えていると言われています。
そしてこれからは、「インターネット」や「精密な機械」などがどんどん発展していくと、
「フリーの医者」「フリー美容師」「フリーの保育師」などいって雇われない働き方が増えてくると思っております。

【無料診断】フリーランスが向いている人の10の特徴

フリーランスに向いている人の特徴は?

 

とりしょー
とりしょー

自分が「フリーランス」の働き方に合うのか知りたいかたは下記のチェックリストをご確認お願い致します。

 

 

そしてわたしの結論からいうと、フリーランスの仕事は成果主義といっても過言ではないでしょう。
例えば、「やればやるほど稼ぎが出るのがフリーエンジニア」の特徴です。

10のフリーランスが向いている人の特徴

 

  • そもそも雇われて時間奪われるや人間関係で束縛されて働くのが嫌だ。
    例)日本をどうも信頼できない。
    例)将来年金もらえない可能性あるし、貯蓄貯めるにはフリーランス最高だと思う。
  • 自分の得意分野だけを最大に活かして、それを生業にしたい。
    例)〇〇という技術は出来るからそれに注力してそれに集中した生業にした。
    なので、会社員時代の窓口やら電話応対などいろんなことしたくない、、、
    例)わたしは発達障害があり、一つの専門分野だけに集中したことをしたい。
  • イエスマンのフリになれなく、無駄な飲み会、煩わしいうわべの人間関係は辛すぎる。
  • 自分のクリエイティブ性を仕事にしたい。
  • 家にいる時間を増やしたい
  • 朝起きるのが辛い
  • 満員電車に乗りたくない
  • 嫌いな上司の顔をみたくない
  • 自分の自由を束縛されたくない
  • ノマドワーカーになって、外で作業もしてみたい

 

ざっと10のフリーランスにむいている人の特徴をあげました。

 

質問者
質問者
そういえば、フリーエンジニアも目指す方が増えてきましたね。
未経験で年齢もあまり関係なく、自分のやる気だけでなれることなので、だれにでもチャンスはあるようですね。

【現実】フリーエンジニアについて。

フリーエンジニア 未経験 現実

 

とりしょー
とりしょー

フリーエンジニアについて少しだけ触れていこうと思います。

 

 

フリーエンジニアって、サラリーマンと比べてどうなの?

 

 

フリーランスのエンジニアは、年収800万以上稼げるといわれています。
そして、スキルを身につけるのに三年もかからないということです。

 

 

もちろんフリーエンジニアで生きていくには、膨大な勉強量もないとならなく、
営業力やセルフコントロールや人間性なども大事です。

 

 

早い話、フリーエンジニアは稼ぐことが重視で、くらべてサラリーマンやOLは会社に属せるので安定重視にはなるはずだが、昨今コロナウィズなのでそう都合がいい状況下でもないです。

 

 

 

フリーランスの良さは、自分で仕事を選べます。
例えば、週3の勤務回数でエンジニアなら月収70万とかもありえます。
それだけでも、「仕事に対するモチベーションがまず違い過ぎる」のは大きいです。

 

 

 

まずは、フリーランスは稼ぐことや自由で束縛がほぼないことが重視だと思ってください。
少ない時間で多く稼ぐメリットがあり、その方が楽しいに決まっていて、コストパフォーマンスだっていい。そんなメリットがフリーランスにはあります。

 

 

例えば、フリーエンジニアをは、単価はいいが、その日の仕事はきついけれども、2日は確実に休める。
そんななことができます。
なので、「2日寝ないで頑張れば、3日間休める」こともできるのです。

 

 

とりしょー
とりしょー

会社に属するよりも、ちゃんとたくさんのお金になるので、全くモチベーションが違うので、仕事もはかどり、やる気が違ってくるのがフリーエンジニアです。

 

ですが、フリーランスになるのは「そんな甘くない世界」と思われますが、技術あればなんともなるという話は聞きます。

フリーエンジニアと言えば、プログラミングという難しいイメージですが、
まずはやって決めることがオススメです。(現役のプログラマーのかたが言っていました。)
もし興味があるかた、下記のリンクに無料体験もあり、WEB上オンラインで勉強もできるのでプログラミングスクールを参考に貼っときます。
>>参考:未経験からエンジニアを目指すTechAcademy Pro(エンジニア転職保証コース)

 

※紹介するプログラミングスクールは、TechAcademyは、1週間の無料体験があるとの情報いただきました。無料体験カリキュラムを見る限りだと、webアプリケーションが基礎を学べるようです。無料なので
とりあえず試してみるのが良いかなと思います。
そして、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれるのです。
>>参考:未経験からエンジニアを目指すTechAcademy Pro(エンジニア転職保証コース)
https://toritenshow.com/comparison-programming-school/

【仕事の種類】フリーランスが増えすぎているのか?不足しているのか?

リモートワーク フリーランス 

 

とりしょー
とりしょー

疫病により、社会情勢や景気の下落で状況下が悪くなり、
日本の政府じたいがリモートワークや副業を推進しています。

 

フリーランスという働き方もよくメディアなどでも聞くようになりました。

 

 

読者のなかにもフリーランスとして働くことのメリットデメリットがあっていろんな考えがあるでしょう・・。

 

  • 今はフリーランス時なのか、
  • これからも「フリーランス市場・人口」がどうなっていくのか

 

 

今の現状ではなかなかだれも簡単に答えは出ないでしょう。

 

 

ですがコロナ問題ウィズにより、三密、自粛、ソーシャルディスタンスは当たり前です。
つまり、リモートワークでズームで仕事のやり取りするということになっていきます。
そんな不況で、疫病などいつどこでだれが感染してもおかしくない現実ですし、いつまた新しい疫病やウィルスが出てくるなんてわからないからこそ、リモートワークを考えた仕事で、自らでも能動的に考えて状況の柔軟は大事だと考察しています。

 

 

 

フリーランスは、コロナ問題対策ではばっちりな対策で、都合のいい環境下でもあるので期待できます。

 

 

だけど現実問題は、フリーランスの全てが在宅ワークとは限りません。
これがゆいつのデメリットだとも考察しています。

 

 

 

逆にメリットはどんなでしょうか?次の通りです。

  • リモートワークや在宅ワークが可能になると、働く時間や働く場所に囚われずに仕事ができるようになると言われています。(これはあまり時間に捉われないのがフリーランスのメリット)
    なので、結婚を機に退職した女性、子育て中で会社勤めが難しい人などがそれまで働くことを諦めざるを得なかった方が、フリーランスという働き方を選び始めているそうですね。

 

  • 美容師や看護師さんなどの難しい資格を取らないいけない仕事こそ人材不足となると言われいて、そうなると企業と企業が人材の取り合いになってきますし、「私の会社に来てくれ」と言わんばかり、雇用はしないまでもフリーランス(美容師や看護師)を求めることがあります。ひとによりますがそうなると「職場環境は良い」っていうことも条件になってきたり、雇う社長側からしたら、せっかくの人員を手放したくないからなお一層大事にされるでしょう。

 

 

 

管理人
管理人

今後の未来予測では、フリーランスで埋め合わせた企業は残るようになると予測されます。

 

今の時代、サラリーマンみたいな保証を求めることで、どんどん稼げなくなる時代が始まると言われています。
例えば、「年金がいつもらえるかわからない、政府も普通の生活で生きて来た人を基準に老後二千万の貯蓄いる」という問題から今や副業なりで自ら仕事作っていくことがオススメされると言われています。

【目から鱗】【考察】フリーランスと比べて、派遣やアルバイトはどうか。

未来の日本 リモートワーク フリーランス増加

 

とりしょー
とりしょー

フリーランスは、独立をして、仕事を請け負う個人事業主のことです。
つまり、組織や一つの会社のみに属さず、複数の会社・クライアントとの間で仕事を毎に契約を行って仕事をする働き方のことだとわかったと思います。

 

 

またフリーランスは、プログラマーやデザイナーなどの高度な能力や市場で求められるスキルをお持ちの方などの自分のスキルを最大限に活かせるでしょう。

 

 

 

やりたい仕事を選べることはフリーランスの最大メリットです。
ですが悲しいことに・・いまだに、フリーランスとフリーターが同じ意味だと解釈しているかたがいるので違いをこの章で解説します。

 

 

 

フリーランスって、雇用形態がアルバイトやパートでしょ。
フリーランスもフリーターも一緒じゃない?

 

↑↑こんな質問を解説します。

ということで、フリーランスとフリーターの違いを解説します。
まずは、フリーターというのは、店舗や会社でアルバイトやパートとして働き、生計を立てている人を指します。

 

フリーランスは、成果報酬なので自分の裁量で働く時間や場所を自由に決めることが可能な働き方です。

 

共通点としては、フリーランスもフリーターも正社員として会社と契約していない点では共通していますが、相違点としては、働き方には大きな違いがあるってことです。

 

 

もう一つ相違点があります。それは給与の受け取り方です。次の通りです。

  • フリーターは、アルバイト先で決められた仕事を行い、働いた時間に応じて給与を受け取ることになります。
  • フリーランスは、一つのお仕事が完了する毎にお給料が入る報酬制です。

 

フリーランスは、会社員のような月給制だったり、アルバイトのような時間単価制ではないんだよね!

 

なので、フリーターがどれほど頑張ってもあくまで収入は時間給で決まるのに対し、フリーランスは能力があれば働いた時間に関係なく収入をあげていくことができるのです。

フリーランスは、一つのお仕事が完了する毎にお給料が入る報酬制であることから、働く時間帯や一日で働く量などの調整がしやすく、働いた分だけ報酬が入るという特徴があることがわかった!!

 

 

一方フリーランスとフリーター比べてみて、フリーターの方のメリットは?ってかたもいると思いますので、解説します。

【フリーターの3つのメリット】フリーランスとフリーター比べた考察

 

とりしょー
とりしょー

これだけ言ったら、なんかフリーランスの方が良さげに感じるかたも少なくないと思います。

 

なので、フリーターのメリットも解説します。

 

 

 

わたしの経験上では、次の通りでしょう。

 

  • 確定申告をしにいかなくて済む(フリーランスは自分でする。)
  • 仕事でミスを犯したときに、フリーターなら上司に怒られる程度で済む(ですがフリーランスは、信用を失い業務の継続に支障をきたすことがあり)
  • 責任がそこまでなくても、まとまったお金が入る(フリーランスは、仕事の獲得を自分で行うため、安定した収入を得るには営業活動などが必要になる)

 

 

3つあげましたが、フリーランスには自由に働ける反面、仕事に対するプロ意識や責任感がフリーター以上に求められています。
※また、フリーランスとアルバイトの掛け持ちも、就業規則や内容では可能でしょう。

 

 

フリーランスは、アルバイトや派遣と違って、自分の労働の対価として支払われた報酬から経費などを差し引かれることもありません。
なので、案件ごとに請負契約を結びますので、自分のスケジュールに合わせて仕事量や納期を設定したり、報酬を交渉することができます。もちろん希少価値の高い技術を持っていれば、サラリーマンを超える金額の収入を稼ぐことも可能です。※このようにフリーランスとは、ライフ・ワーク・バランスが取りやすく、自分らしく働くことができるスタイルです。

まとめ

フリ ーランス フリーター 働き方 違い メリット デメリット
とりしょー
とりしょー

フリーランスは、「場所を選ばずに仕事ができる新しい働き方」として注目を集めています。

 

ましてや、今の日本でもフリーエンジニアなどは、ばっちりコロナ対策や新しい疫病が流行ってもの安心できる環境下であります。

 

 

今回の記事でフリーランスのイメージが変わってくれらたいいな~ってことで解説しました。

 

いままでの従来としては、フリーランスで有名なのが、フリーアナウンサーだったり、プログラマ、カメラマンライターやデザイナーなどが該当します。「芸能やデザイン、プログラミングなど」のある一定以上のスキルを持った人のための働き方という傾向がありました。
また、フリーランスの働き方は従来、専門性の高い業界などでよく見られた働き方と言われ、テレビや宣伝の広告や新聞やネットニュースなどのメディアで、目にする機会が増えた影響もありました・・

 

ですがここ近年では、PCやスマホ一つで、クラウドソーシングやココナラアプリなどで仕事作ったり、受注したりとすばらしい便利な環境下であって、充実までもしている「主婦やシニアなかには自宅を離れられない事情のある人や仕事の少ない地方に住んでいる人」など誰でも自分のスキルをつかって、副業から始められていられるかたが大勢います。

 

それは、パソコンが広く普及して、インターネット通信Wi-Fiが高速化した現在の日本では、様々な分野でIT技術を利用した「在宅ワーク」が可能となったことではないかということです。

 

 

管理人
管理人

あなたもぜひ、得意分野だったり、知識・技術を活かして生業を得ることがフリーランスを目指せてみてはいかがでしょうか。

 

 

正しい努力をして、本来の実力を上げてフリーランスや個人というポジションで稼ぐのも悪くないものではないでしょうか?

 

わたしは、ココナラアプリやクラウドソーシングで副業からスタートしています。
もし、あなたがスキルもないし、時間もないって思うなら、片手間に学習できるプログラミングオンラインスクールはどうでしょうか。

 

 

 

プログラミングを学び受注するぐらいまでのスキル得るために「プログラミングオンラインスクール」は通学しないで家で学習できます。
(年齢問わず、副業コースもあります。)

タイトルとURLをコピーしました